スマホ用ガラスコーティングトップブランド《東急ハンズ認定:リピーター多数》
エックスコーポレーション株式会社
TEL:03-6272-4717
【日本初(2013年)】東急ハンズ認定《札幌〜沖縄40店舗(全国認定施工者50名)ハンズ施工実績:2年で8万台以上(リピーター多数)》

スマホ保護の選択肢

 

【スマホ保護の選択肢】

あなたはどっち派??

ガラス板フィルム

今まで日本でスマホの保護といえば「ガラス板フイルム」でした。

◉メリットは?

・スマホ画面を保護出来る

・割れやキズがついたら買い替え出来る

デメリットは?

・貼ったからといって絶対に画面が割れない訳ではない

・画面以外の保護な不可(耳穴周辺の保護も不可)

・構造上、段差が出来る(段差が極力無いタイプもあるが完全段差無しは無理)

・その段差部分に衝撃がかかると割れが止まらない

・ガラス板フィルム全てのメーカーが同じ品質ではない

・品質の良いものは決して安くはないのでその都度買い替え(散財)になってしまう

・うまく貼れないとずっと気泡が入ってしまい気になる

・キズが入ると汚れが取りにくくなる

・スマホのスクロール反応は静電気、厚みがある程反応が遅くなる(それが当たり前に思っている)

液体ガラスコーティング

色々なガラスコーティングメーカーがありますが、

弊社EGCは日本初スマホに施工ビジネスを全国展開業者にて、様々な失敗経験があります。

そこで、他社のガラスコーティングはわかりませんが、EGCの長所短所をお伝えさせて頂きます。

◉メリットは?

・ガラス板フィルムの2倍以上の強度(東京産業技術センター試験結果)

・汚れにくくなる

・キズがつきにくくなる

・気泡や段差が無い

・顔の皮脂汚れが取れやすい

・反応が早くなる(厚さが1mm以下にて静電気反応UP)

・光沢感が無し見た目キレイ

・スマホ全面(360度)施工が可能

デメリットは?

・絶対に割れない、キズがつかない訳ではありません。

・落下したら割れますが、飛散防止になる

・メーカー保証が適用不可になる可能性がある(その際はガラス被膜は剥離可能ですので問題ないです)

EGCのアピール

※EGCは東急ハンズ認定(ハンズ実績日本一:2年で約8万台施工)

※スマホ以外も様々なものを守る

※リピーター率が3割以上

※(一社)日本特殊コート協会に加盟している

 

最後に、ガラスコーティングという言葉や金額に惑わされず(安かろう悪かろう?)、施工品質や実績を見極めてご依頼することをお勧め致します。

あなたの大切なスマホの為に♪

宜しくご検討の程、お願いいたします。

 

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus